ニュース 地域 追悼の念仏踊り・福島の高校生が披露

 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県いわき海星高校の2、3年生「チームじゃんがら」のメンバー19人が今月8〜11日、広島市を訪ね、「平和」を願い、福島・浜通りに伝わる迎え盆の民俗芸能・じゃんがら念仏踊りを披露した=写真。

 原爆で叔父が犠牲になり、阪神大震災(1995年)で神戸大生だった一人息子、貴さん(当時21歳)を亡くした安佐北区の加藤りつさん(67)が設立した「広島と福島を結ぶ会」が招いた。

 チームじゃんがらのメンバーは、津波で同級生らを失い、太鼓や鉦(かね)などで犠牲者を供養するじゃんがらの練習に励んだ。12年秋、いわき市を訪ねた加藤さんは、生徒たちが懸命に舞う姿を息の長い交流を願った。毎年、いわきを再訪し招待費用にと充てようとチャリティーイベントなどを開く加藤さんら結ぶ会の活動を知った海星高生は、昨夏、広島土砂災害で加藤さんが支援活動に奔走していることを知ると、サンマの缶詰120個を贈るなど絆を深めてきた。

 広島では中区の平和記念公園と、土砂災害で10人が犠牲になった同市安佐南区八木ケ丘でじゃんがらを舞った。結ぶ会のメンバーで、爆心約5キロでの被爆体験などを修学旅行生に語り継ぐ活動を続ける内藤達さん(73)は「震えるような感動を覚えた。若者に平和を託したい」。八木ケ丘町内会副会長の水野靖弘さん(69)は「新盆を迎えた私たちに何よりの供養。亡くなった人、生かされた人の思いがつながった」と語った。

 チームじゃんがらのリーダーで3年の古川さん(17)は、いわき市久之浜の自宅が津波で流され、古里に戻れない同級生を気遣う。「これまで県内外で50回以上演じてきたが、広島の人々の思いが自分たちの心を一つにした。古里を取り戻すため、若い私たちにできる元気を届けたい」と語った。、