読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本美濃紙の極意伝承 岐阜・美濃市の保存会が技術研修会

 本美濃紙の手すき技術伝承に向け、本美濃紙保存会は、岐阜県美濃市蕨生の和紙の里わくわくファームで保存会の研修生を対象に研修会を開き、煮たコウゾを木づちでたたいてほぐす技術などの伝統的な製法を確認している。研修会は26日まで。
 研修会は文化庁などの補助を受け、国重要無形文化財国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産でもある本美濃紙の手すき技術継承を目指す研修生の技術向上を図ることを目的に約10日間の日程で開いている。
 今年で5年目を迎えた。研修生に一枚でも多く紙をすいてもらうため、今年から研修後にすいた本美濃紙を保存会で買い取って研修生の技術向上を促す。
 研修会では、澤正会長(85)らが研修生の紙をすく動作を見守って助言した。全体研修として、草木灰で煮たコウゾの繊維を木づちでたたきほぐす昔ながらの製法も実践している。ほとんどの工房では機械でコウゾの繊維をほぐして本美濃紙の原料にするため、重労働な工程に苦労する姿が見られた。
 会員水野靖弘さん(36)は「本美濃紙が美濃の紙をすく基本。基本に立ち返って仕事の中で生かしてもらえるといい」と話していた。