読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決して東芝だけではない!

 「別に東芝だけが特殊ではなく、ちょっと心を許すと似たことが起こってしまう。そういう認識で、他山の石として我々(他社の経営者)も、気を引き締めていくべきだと思う」。経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)は22日、東芝の不正会計問題についてこんな印象を披露した。
 日本記者クラブでの会見で述べた。東芝はいち早く社外取締役中心の委員会設置会社に移行するなど、企業統治の先進事例とされていたが、小林氏は、「実際には経営全体の規律が相当乱れていたのではないか」と指摘した。
 そのうえで、かじ取りを担う経営トップの人選やあり方について、「社長と会長は補完関係でないと、役割(の分担)は相当明確にしないと、どうしても張りあってしまう。『先輩は戦犯』と思わないと、経営はできない。変な恨みつらみなどは経営から除外しないといけない」とも述べた。(水野 靖弘)