非礼な韓国人!

「礼」無視、「喧嘩」むき出し「韓国剣道」の異様…世界選手権まで1カ月弱、日本は「真の勇気」を示せ
スポーツ
第16回剣道世界選手権の大会ポスターは、人気漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」で知られる井上雄彦氏がデザインした1/1枚
 剣道の世界選手権が5月29日、日本武道館で開幕する。武士道・日本の「お家芸」と単純に考えると、足下をすくわれることになるだろう。近年、出場各国のレベルアップは著しく、日本の優勝は確約されていない状況だ。最大のライバルは、今回も隣国・韓国。順当にいけば決勝で韓国と対戦することになるが、日本以上に闘志を前面に押し出してくる韓国にはどれだけ警戒しても十分ということはない。「剣道が剣道でなくなった日」。2012年、イタリアで開催された前回大会決勝の記憶がよみがえる。
韓国人は常に日本人に敵意をむきだしスポーツの世界ですら非礼である。
このブログを書きながら水野靖弘は思う。
彼らには根本的に歩み寄るしせいはない。
特に軍艦島ユネスコへの世界遺産登録に関しても約束を平気で破るあの態度は低レベルてわ先進国のする事とは思えない。
今後の韓国との付き合い方については考えなければいけないと水野靖弘は警鐘を鳴らしたい!